素人Review

たかがマウスパッド、されどマウスパッド

どうも、こんにちは。

ゲーミングマウスパッド歴約三年のククイです。

私がゲーミング用マウスパッドを購入した理由は、オーバーウォッチを初めて数ヶ月間アホ程ハマり(丸一日遊んでいた)もっと快適に楽しめるようにゲーミング系機器に手を付けてしまったのが始まりでした。

マウスから始まり、キーボード、ヘッドホン、そしてマウスパッド

今回は今まで購入してきたマウスパッドの感想と失敗談を話したいと思います。

マウスパッドは奥が深い?

感想を書く前に通常のマウスパッドとゲーミング用の違いの私の見解を書きますね。

ゲーミング用と通常の違いは

  • 布の種類
  • 耐久性
  • 価格

と様々な違いがありますが

個人的に違う要素は「大きさ」と「滑り止め効果」だと思います。

通常、マウスを使う時は腕を振り回したり、左右前後に大きく動く動きをする事はあまりないと思われます。

しかし、ゲームをする時は、通常ではしない動き(腕をブンブン振る)をするので、その動きに耐えられるように「大きく」「耐久性」に優れている物が必要になってきます。

そして、もうひとつは「AIM力」を精確にするために「滑り止め効果」。

マウスパッドを大きくした!それによってマウスを大きく動かせるようになった。しかし、敵を狙いたいのにマウスが滑って上手く合わせられない、そんな経験はありませんか?

そういう時に効果を発揮するのがゲーミング用マウスパッドです。

勿論、ゲームをしなくても「耐久性」「滑り止め効果」が優れているので一枚あると便利。

※腕を振らない人にも安心な小さめの物も売っています。

最初に購入した「SteelSeries QCK heavy」が最強だった

購入したのはヨドバシカメラ(ヨドバシ好き)です。

顔馴染みのPCパーツに詳しい店員さんが居た頃、マウスをカゴに入れてマウスパッドを探して店内に彷徨いていたら声をかけてくれました。

当時ロジクールゲーミングキャンペーンを店内で行っていました。

手に持っていたのもロジクール製のマウス。

だったのですが「ゲーミング用のマウスパッドを悩んでいる」と言ったら、マウスもマウスパッドも店内の端っこに置いてあったSteelSeries製の物をオススメされたのです。

その当時「SteelSeries」の存在を知らず、オススメされたマウスにはボタンも少なかった。

だけど、おそらく推しなロジクールじゃなくて違うものを進めるのは、本当に良い物なのだろうと。

この店員さんはいつも良い商品を教えてくれていたので知らないメーカー製だしなーと購入を悩みました。

しかし、ボタンが沢山付いていてパソコン類は知っているメーカーの方が良いなとロジクール製のマウスを最終的に購入。

そしてマウスパッドはオススメされたSteelSeries製を初めて購入したのでした。

使って分かるその凄さ

それまで使っていたマウスパッドは

こういうマウスパッド+リストレスト一体型のタイプのもの。デュアルディスプレイで使うとモニターに対してマウスパッドの面積が狭いので、マウスがパッドから落ちる欠点はあったものの、それ以外不満はありませんでした。

しかし

実際にSteelSeries製をマウスパッドを使うと想像以上に操作が快適に!

マウスを自由に動かせる楽しさと、するする滑るのに止めたい時はピタッと止まってくれるこの感じ。

なにこれ、初めての感覚!

ゲームで言うと面白いくらいにヘッドショットが当たります。AIM力が無さすぎてクリア出来ずに途中放置していたゲームのミッションがクリア出来たりと良いことだらけ。

狙い通りにマウスが動かせる!楽しい!となって友達と24時間耐久オーバーウォッチとかしちゃったくらいです。

若かったなー

しかし、凄いマウスパッドも二年半を迎えたあたりで表面がツルツルになってしまい、思い通りマウスを止める事が出来なくなっていました。

コレに関しては耐久性というよりも、頻繁にランチョンマットとして度々使っていたせいな気がします(ごめんよ、マウスパッド)。

二つ目の「Xtrfy XGP1 EXTRA LARGE

Xtrfy(エクストリファイ)と読みます。

これまた聞いたこと無いメーカーの物だったのですが、選んだポイントは見た目とマウス。

マウスを同メーカーの物に変えよう思っていたのでついでに同じものにしようと購入。

次買うならキーボードも置けちゃうサイズがいいなーと思っていたのでLARGEにしました。

しかし、コレが失敗でした。

私がマウスパッドに求めるのは、マウスがつるつる滑って抵抗感無くスッと止まってくれる事でした。

しかし、このマウスパッド、ツルンツルン滑ります。

そう、マウスがまるでフィギュアスケートのように。自分の意志で止めようとしないと止まってくれません。

自分の意志で……

そうか

これはあれだ

自分の意志が強い人用だ

SteelSeries製はそこまで自分の意志で止めようとしないでも止まってくれました。以心伝心してたのです。心とマウスパッドがつうj

はい、同じ布製でもここまで違うとは思いませんでした。

しかし、結構高かったので我慢して数ヶ月使ってのですがやっぱり馴染めず「SteelSeries製のデスクマット型に帰ろう、食費を削って」と次のものを購入しました。

3つ目のマウスパッド「SteelSeries QCK heavy 63008

あれ?デスクマットタイプでは無いの?と思ったあなた。

そうです。私は間違え買ってしまったのです。カートに突っ込んでいた別の種類の物を。

とりあえず

今すぐ買わない商品をカートにぼんぼん突っ込む癖はなくそうと思いました。

幸いにも最初に買った商品の一周り大きいサイズってだけで使い心地は快適です。

欠点を一つ上げるとすると持ち運びには不向きなこと。前のサイズは厚みも薄く、軽くて持ち運びや移動もラクラクでした。

しかし、今回のものは重く分厚い。設置も細かく毎回変えるには不便なほどです。

分厚さの違い

最初に買ったマウスパッドの分厚さ2mmです。

今回買ったマウスパッドの分厚さ6mmです。約3倍の分厚さ。重量も136gから635gに。

まとめ

店頭で見れるならマウスパッドも見比べる事をオススメします。意外なほど、それぐらいの違いのある商品です。

次はランチョンマットとして使わないように気をつけます!

キングストンのヘッドセット「HyperX Cloud II」を買って半年の感想こんにちは、KUKUiです。 約三年くらい使っていたPC用マイクが壊れたので、丁度良い機会だなと思い、前から気になっていた、敵の足音が...
ABOUT ME
KUKU!i
多趣味人